FC2ブログ

オリジナルオットマン作製

今回は、ビンテージのリクライニングチェア専用の
オリジナルのオットマンの作製風景をご紹介したいと思います。


こちらが、張替え前の状態のチェアです。(木部はメンテナンス済み)
P7219169.jpg

このチェアのサイズや脚の形などを元に、オットマンのデザインを考えて行きます。

店舗にて、お客様とデザインについての話し合いを重ね、
お客様のご希望を元に、構造面にも考慮しながら、最適なデザインに近づけて行きました。

大方のデザインが決まりますと、お客様により分かりやすく想像して頂く為に、
このようなラフスケッチを描いて、全体のデザインや構造のご説明を致しました。

IMG_9007.jpg

最終的に、2通りのデザインに絞りまして、
どちらを選ぶかによって、接合部分のホゾ加工の方法が変わってくる為、
外見だけではなく、内部の細かい点までご説明をさせて頂き、ご検討頂きました。


少し傾斜のあるデザインで、材料はチェアと同じチーク。
塗装は、お客様のご希望によりオイル仕上げに決定しました。


それでは作製開始します!


まずは、全ての部材の寸法・形・構造などを、図面に引いていきます。

IMG_9888.jpg IMG_9890.jpg

図面と言うと、職人以外の人がパソコンなどを使用して作成するイメージですが、ここでは違います。
職人自ら、このように図面を作成します。

作業を始める前の時点で、全ての設計や構造、
完成状態の立体的なイメージが完璧に頭に入っているからこそできる、これぞ職人技です。



この図面を元に製材・ホゾ加工・削り出しをしていきます。

IMG_9685.jpg IMG_9694.jpg

IMG_9691.jpg IMG_9690.jpg

IMG_9693.jpg


さらにテーパー加工を加え、チェアの形に合わせてパーツを作製します。

IMG_9705.jpg IMG_9706.jpg

IMG_9707.jpg IMG_9879.jpg


それぞれのパーツを接合し、組み上がった状態で、角のアール出しや接合部分の仕上げを行います。

IMG_9714.jpg IMG_9703.jpg

IMG_9718.jpg IMG_9719.jpg



最後にオイル塗装を行い、木部は完成です!

IMG_9882.jpg IMG_9892.jpg


オットマンのクッションは、高さや硬さもお選び頂き、作製しました。

お客様にお選び頂いた生地にて、オットマンとチェアを張替えて完成です!
また、追加でヘッドレストも作製させて頂きました。
ヘッドレストは、お好みの高さに調整可能で、取り外しもできます。


0DSC05516.jpg 1DSC05659.jpg

8DSC05542.jpg 24DSC05548.jpg

10DSC05560.jpg 2DSC05615.jpg


こちらが、お届け風景です。


IMG_03001.jpg IMG_0300.jpg


お持ちのソファ&オットマンセットと合わせて頂き、素敵な空間にして頂きました。
ご購入、オットマン作製のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。


今回のご依頼同様、ビンテージのソファやお持ちのチェアに合わせてオリジナルのオットマンの製作が可能です。
セットのオットマンが無い、またはなかなか見つからないソファをお持ちの方など、お気軽にお問い合わせください。


また、下記より当店で作製したオリジナル家具をご覧頂けます。
https://www.deco-boco.com/original-custommade




スポンサーサイト



フリッツハンセン(FRITZ HANSEN) セブンチェア ・アントチェア 座面と脚部の接着修理②

フリッツハンセンのセブンチェア・アントチェアの座面と脚部の接着修理
前回は、座面が外れてしまう原因をご紹介しました。

今回は、前回の内容を踏まえつつ
ではどうすれば座面が外れなくなるのか、その修理の方法や風景を紹介していきます!

前回の記事を読まれていない方は、こちらからご覧頂けます。⬇︎
フリッツハンセン(FRITZ HANSEN) セブンチェア ・アントチェア 座面と脚部の接着修理①



まずは、古い接着剤を、隅々まで完全に取り除きます。
古い接着剤が残っている状態で、その上から新たに接着剤を塗り重ねても、接着剤本来の耐久性は出せません。


IMG_7810.jpg IMG_7811 2


重要なことは、接着剤を木の中まで染み込ませることです。
古い接着剤が残っていると、接着剤が木の中まで染み込んでいかない為、重要な作業となります。




次に、接着剤を取り除いた面を平面にしていきます。
こちらが、より耐久性を高め、座面が外れなくなる為に行う最も重要な作業となります。


通常の鉋では、すべての面に刃が届かないので、
セブンチェア・アントチェア修理の為に作製した、こちらの専用の鉋を使用します。

IMG_1194.jpg


実際に、こちらの鉋で平面を出している様子を、動画にてご紹介します!
宜しければご覧ください。




このようにして平面を出します。


動画に出てきたこちらの作業。
これは、鉋で削った後に、ちゃんと平面が出ているのか、まだ出ていない場所はどこかをチェックしています。
平面が出ていない部分は、物差しが左右にカタカタと動いたり、木と物差しの間に隙間ができたりします。

IMG_1196.jpg IMG_1195.jpg



細部までチェックをした後、実際に取り付けるオリジナルのパーツ(下記説明あり)を乗せて、
本体とパーツの全ての面同士が触れ合っているかを確かめます。


下記画像をご覧いただくと分かるように、
中心部分(赤丸で囲んである部分)がより多く削られ、合板の次の層が見えています。
中心が膨らんで山なりになっていたことが分かりますね。

元々あったネジの穴が大きく広がってしまっている場合は、
穴を埋めて新しいネジの効き目を良くします。

sevenchairblog2_edited-1.jpg


それでは、なぜこの平面を出す作業が最も大事な作業なのでしょうか。
それは、前回のパート①で説明したように、接着剤を全体的に薄く塗る為です。

パーツに接着剤を塗って本体に取り付け、上からプレスした際に、
塗られた接着剤が、全体に均一に広がっていく必要があります。



もし平面が出ていないと・・・

sevenchairblog4.jpg


このように、接着剤が溜まり、厚い層となる部分ができてしまいます。
そこから接着剤が割れて、座面が外れる原因に繋がります。

また、ネジが本体に入っていく(効く)部分が少なくなってしまう事も考えられます。


次に、こちらの私たちで作製した、オリジナルのパーツ(右の木のパーツ)を取り付けます。
使用する木材も、適当に選ぶのではなく、接着剤と相性の良い材料を選んで作製しています。
例えば、チーク材は油を多く含んでいる木材なので、接着剤との相性は悪いです。

IMG_4923.jpg


元々は中心のネジ1本のみで固定してありましたが、
そもそも本体の合板が薄い為、ネジが本体に入っていく(効く)部分はあまり十分ではありません。
そこで、できる限り強度を高める為に、計11本のネジで固定できる仕様にしております。

IMG_7813 2


脚を取り付けます。

IMG_7814 2 IMG_7815 2


最後にキャップを取り付けて、完成です!
普段使用する際には、修理跡などはほとんど分かりません。

6IMG_6769.jpg


以上が、セブンチェア・アントチェア 座面と脚部の接着修理でした。

大切なチェアをできる限り長く使用して頂けるよう
故障の原因を細部まで考え、より良い方法を目指して修理しております。


こちらの修理以外にも、再仕上げやご希望のカラーでの塗りかえなども行なっております。
お気軽にご相談ください。

■フリッツハンセンの修理の実績は、下記よりご覧ください。
https://www.deco-boco.com/type/vintage/genre/repair-cleaning/repair-fritzhansen


DECO BOCO
〒231-0004
神奈川県横浜市中区元浜町4−39元浜町三橋ビル1F
Tel:045-650-5635 Fax:045-650-5636
email@deco-boco.com
http://www.deco-boco.com/


フリッツハンセン(FRITZ HANSEN) セブンチェア ・アントチェア 座面と脚部の接着修理①


フリッツハンセンのセブンチェア・アントチェアの座面が外れてしまった
というお客様からのお問い合わせを頂く機会が増えております。

そこで、セブンチェア・アントチェアの座面と脚部の接着修理の方法や様子、
また、なぜ座面が外れてしまうのか、どうすれば外れなくなるのか等も合わせてご紹介させて頂きます。

今回は、座面が外れてしまう原因を中心にご紹介します!




こちらが、座面が外れてしまっている状態です。

IMG_4502.jpg

なぜ座面が外れてしまうのか...それにはいくつかの理由があります。
一つ目は、下記画像の接着剤です。

IMG_4503.jpg IMG_7810 2


剥がれたあとを見ると、接合用のプラスティックパーツ(下記画像)の形状により、
接着剤が非常に厚く入り込む箇所ができてしまいます。(透明の塊ができている部分)


立ったり座ったりを繰り返すうちに、パーツではなく、
この厚く塗られた接着剤に亀裂や割れができ、徐々に接着が剥がれていきます。

そうなると、そのまま座面が外れてしまったり
そこから生じるガタ付きから、プラスティックパーツが割れて外れたりしてしまいます。


このような負荷のかかる部分への接着剤は、こういった亀裂が入ることの無いよう、
全体的にできる限り薄く塗る必要があります。



IMG_4505.jpg

次に、こちらのプラスティックパーツ(上の写真)です。
現在修理依頼を頂いているチェアには、ほぼ全てにこのプラスティックパーツが使用されています。

というのも、発売当時このパーツは、プラスティックではなく木で作られていたのです。
2000年代に入った頃から、プラスティックに変更となりました。



なぜ、20年以上も前に作られた木のパーツの物よりも、
10年前に作られたプラスティックパーツの方が壊れやすいかというと、
同じ素材同士の方が、より強く接着されるからです。

木の座面に対して、異素材のプラスティックを使用するよりも、
同素材の木のパーツを使用した方が強度や耐久性は高まります。



以上が、セブンチェアやアントチェアの座面が外れてしまう原因でした。

次回は、この原因を踏まえつつ、外れない為の修理方法やその修理風景をご紹介します!

■フリッツハンセンの修理の実績は、下記よりご覧ください。
https://www.deco-boco.com/type/vintage/genre/repair-cleaning/repair-fritzhansen

イブ・コフォード・ラーセン(Ib Kofod-Larsen) ソファ 座面下の木枠作製、クッションウレタン交換・新規作製、ウェービングベルト・生地張替え

お客様がお持ちの家具(ソファ)の修理のご依頼。
(当店販売のアフターケアは勿論ですが、今回のように他店で購入をされた家具の修理のご依頼も承っております)

今回は、イブ・コフォード・ラーセン、3シーターソファの修理・メンテナンス風景をご紹介致します!


こちらが、メンテナンス前の状態です。

image1_edited-1.jpg image3.jpg

こちらのソファの、3つの座面クッションに隙間が生じている
また、座った時の沈み込みが均一では無いというご相談を頂きました。

隙間に関しましては、内部のウレタン交換にて、

沈み込みの違いは、座面下のウェービングベルト(上右の写真)の劣化に加え、
構造上(下に説明あり)、ベルトが奥行き方向にしか張られていない事が原因であると考えました。

ウェービングベルトを使用する場合、本来は縦横の格子状に編み込むか、
今回のソファの様な場合は、さらに幅や厚みのあるベルトを使用する必要があります。



それでは、メンテナンスを開始します!

まずは、ソファを分解し、劣化したウェービングベルトを取り除きます。

IMG_0142.jpg IMG_0141.jpg

ウェービングベルトを張る木枠(上右の写真)には、
ベルトを打ち付ける桟が一方(幅方向)にしか取り付けられていないので、
格子状に張ることができない構造になっていました。


そこでこちらのように、元々あった桟の内側に、新たな桟を取り付けます。

IMG_0056.jpg IMG_0055.jpg

さらにこちらの様な木枠を、それぞれのクッション用に3台作製します。

IMG_0666.jpg IMG_0669.jpg

張った後に段差が出ない様、ウェービングベルトの厚み分の溝が彫ってあります・。

IMG_0668.jpg

本体の枠に収めると、この様になります。

IMG_0053.jpg IMG_0058.jpg

こちらの枠を取り付ける前に、ウェービングベルトを張っていきます。

IMG_0672_edited-1.jpg IMG_0670.jpg

ウェービングベルトを格子状に張る場合、ひとつの大きな枠に張ると、
ベルトの伸び(沈み)が左右と中心で変わり、座った時の沈みも変わってしまいます。
そこで、この様にそれぞれ3つの枠にベルトを張り、取り付けることで、どこに座っても均一の座り心地となります。



完成したものを、本体に取り付けます。

IMG_0673.jpg IMG_0675.jpg


最後に、通気性の良い生地で目隠しをして完了です。

IMG_0749.jpg IMG_0750.jpg

元々ウェービングベルトが取り付けてあった桟や、裏側にも施してあります。

IMG_0751.jpg IMG_0769.jpg


使用されていた背もたれのクッションは、
内部にバネが入っておらず、ウレタンのみの仕様となっていました。
そこで新規のバネを作製し、座面同様、バネ+ウレタンの仕様に変更しました。
その際、お客様のご希望で、クッションの高さを10cm高く作製しました。


ソファの座り心地は、上記のウェービングベルトと、クッション内部のバネ・ウレタンの兼ね合いで決まります。
お客様にご希望の座り心地をお伺いし、よりご希望に近いものを目指して加工致しました。


また、合わせてお客様にお選び頂いた生地にて張替えも行いました。

こちらがビフォーアフターです。

image1.jpg IMG_0347.jpg


新規クッション作製や張替えはもちろん、今回の様な座り心地の改善も行っております。
(お持ちのソファの構造によってはできない場合や、違う方法でのメンテナンスになる可能性がございます。)

お気軽にご相談ください。

メンテナンスのご依頼を頂き、誠にありがとうございました。

ハンス・ウェグナー2903ソファ 張り替え

今回はハンス・ウェグナーの2903ソファの張替え風景をご紹介します!

こちらが完成後の写真です。

IMG_8613.jpg


お客様ご希望の生地で張替えを行いました。
全てのパーツの生地端にロックをかけてありますので、生地が解れる心配はございません。

IMG_8604.jpg

IMG_8605.jpg



以前に同じタイプのクッションのファスナー交換のご依頼を頂いた際は、
ロックがかかっておらず、解れた生地がファスナーに引っかかったまま使用し続けていたことが原因のように見えました。


マチにステッチをかけて仕上げております。

IMG_8610.jpg


ファスナーを閉めた際に、スライダー(ファスナー開閉時の持ち手)が隠れて見えないようなポケット仕様です。

IMG_8606.jpg

スライダーを隠すだけでなく、ソファに並べた際に、隣のクッションの生地を傷つけてしまうこともありません。

IMG_8609.jpg


完成です!
IMG_8612.jpg

IMG_8611.jpg


IMG_8622.jpg

IMG_8623.jpg

IMG_8613.jpg


見た目も座り心地も新たに生まれ変わり、快適にご使用頂けます。

こちらのモデル以外でも、お持ちの置きクッション型のソファの張替えを承っております。
内部のバネの新規作成や、ウレタン交換、座りの硬さ調整、ご希望の生地にて張替えを行うことが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

以上、2903ソファの張替えの風景でした。
ご購入、張替えのご依頼を頂きありがとうございました。