FC2ブログ

オリジナルオットマン作製

今回は、ビンテージのリクライニングチェア専用の
オリジナルのオットマンの作製風景をご紹介したいと思います。


こちらが、張替え前の状態のチェアです。(木部はメンテナンス済み)
P7219169.jpg

このチェアのサイズや脚の形などを元に、オットマンのデザインを考えて行きます。

店舗にて、お客様とデザインについての話し合いを重ね、
お客様のご希望を元に、構造面にも考慮しながら、最適なデザインに近づけて行きました。

大方のデザインが決まりますと、お客様により分かりやすく想像して頂く為に、
このようなラフスケッチを描いて、全体のデザインや構造のご説明を致しました。

IMG_9007.jpg

最終的に、2通りのデザインに絞りまして、
どちらを選ぶかによって、接合部分のホゾ加工の方法が変わってくる為、
外見だけではなく、内部の細かい点までご説明をさせて頂き、ご検討頂きました。


少し傾斜のあるデザインで、材料はチェアと同じチーク。
塗装は、お客様のご希望によりオイル仕上げに決定しました。


それでは作製開始します!


まずは、全ての部材の寸法・形・構造などを、図面に引いていきます。

IMG_9888.jpg IMG_9890.jpg

図面と言うと、職人以外の人がパソコンなどを使用して作成するイメージですが、ここでは違います。
職人自ら、このように図面を作成します。

作業を始める前の時点で、全ての設計や構造、
完成状態の立体的なイメージが完璧に頭に入っているからこそできる、これぞ職人技です。



この図面を元に製材・ホゾ加工・削り出しをしていきます。

IMG_9685.jpg IMG_9694.jpg

IMG_9691.jpg IMG_9690.jpg

IMG_9693.jpg


さらにテーパー加工を加え、チェアの形に合わせてパーツを作製します。

IMG_9705.jpg IMG_9706.jpg

IMG_9707.jpg IMG_9879.jpg


それぞれのパーツを接合し、組み上がった状態で、角のアール出しや接合部分の仕上げを行います。

IMG_9714.jpg IMG_9703.jpg

IMG_9718.jpg IMG_9719.jpg



最後にオイル塗装を行い、木部は完成です!

IMG_9882.jpg IMG_9892.jpg


オットマンのクッションは、高さや硬さもお選び頂き、作製しました。

お客様にお選び頂いた生地にて、オットマンとチェアを張替えて完成です!
また、追加でヘッドレストも作製させて頂きました。
ヘッドレストは、お好みの高さに調整可能で、取り外しもできます。


0DSC05516.jpg 1DSC05659.jpg

8DSC05542.jpg 24DSC05548.jpg

10DSC05560.jpg 2DSC05615.jpg


こちらが、お届け風景です。


IMG_03001.jpg IMG_0300.jpg


お持ちのソファ&オットマンセットと合わせて頂き、素敵な空間にして頂きました。
ご購入、オットマン作製のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。


今回のご依頼同様、ビンテージのソファやお持ちのチェアに合わせてオリジナルのオットマンの製作が可能です。
セットのオットマンが無い、またはなかなか見つからないソファをお持ちの方など、お気軽にお問い合わせください。


また、下記より当店で作製したオリジナル家具をご覧頂けます。
https://www.deco-boco.com/original-custommade




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

NEXT
オリジナルオットマン製作