FC2ブログ

ハンス・ウェグナー デイベッドの座面クッション新規作成

今日はウェグナーGE258のメンテナンス風景の一部をご紹介します!

こちらがメンテナンス前の座面クッションです。
(木部はすでにメンテナンス済み)

0P7128581.jpg


お客様より、座面クッションをより固くしたいというご依頼を頂き
内部のクッション材の交換だけでなく、新規のバネも製作しました。

こちらが新規で製作したバネです。

IMG_7187.jpg

このように、お持ちのソファに合わせたサイズや厚みでバネを製作できます。

それでは作業を開始します!

まずはバネにクロスを張ります。
バネとウレタンが直に接触してしまうと、ウレタンへのダメージが大きい為です。
クロスも様々な種類があり、その中でも特に強度の高いものを使用していますので、より長持ちします。

IMG_7193.jpg

IMG_7194.jpg

クロスの上に綿を乗せて厚みを調整し、平面を出します。
その上からウレタンを重ねていきます。
私たちが使用しているウレタンは、通常のチェアやソファに使用されている物に比べて、
密度や耐久性が高い、非常に良質なウレタンです!

IMG_7206.jpg

ウレタンの種類や、重ね方、張り方を変えることで
お客様のご希望の座り心地により近づけるよう調整していきます。

IMG_7217.jpg

枠に入れて、収まり具合を見ていきます。
横幅、奥行き、高さがぴったりと収まるように、はじめに計算して進めて行く必要があります。

硬めが良いからと言って、むやみにウレタンを重ねてしまうと厚くなり過ぎてしまい、
座面クッションによって上部の背もたれが上に押し上げられてしまうので、限られた厚みの中で調整をしなければなりません。

IMG_7221.jpg

とても快適な座り心地に仕上がりました!
あとは生地を被せて完成です!
(現在製作中)


お持ちのソファサイズに合わせたバネの新規製作や、現在ウレタンのみの物をバネ使用に変更などが可能です。
その際に座りの硬さ調整や、ご希望の生地にて張替えも致しますので、お気軽にご相談ください。

以上、ウェグナーGE258の座面クッションの製作風景でした。
ご依頼を頂きありがとうございました。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ハンス・ウェグナー2903ソファ 張り替え
PREV
NEXT
ウェグナー GE258デイベッドの張替え